太古の響き 古の記憶が蘇ってくる、心の響く音色ー日本の新しい伝統楽器
トップ楽器の紹介制作者のこと演奏家の声ご購入 展示スペース フォトギャラリー お問合せ リンク english 太古の響き印鑑マーク 竹原さんのデモ演奏にリンクします すいるおんしずくの音と映像にリンクします 瀧本さん、ンジャセさんのセッションにリンクします すいるおん小の音と映像にリンクします たゆたねの音と映像にリンクします 太古の響き栃木県立美術館即興演奏
「太古の響き」は、陶芸家・篠崎孝司氏による世界でも珍しい陶器の楽器です。
篠崎氏は2000年から陶製のオリジナル和楽器を制作してきました。水留音(すいるおん) 揺音(たゆたね) 龍音(たつね) 胴韻(どいん) 美夜来音(びやらいおん) と名付けられた和楽器は、3~4ヶ月かけて丹精込めて制作されています。陶芸作品ですので、一台一台、形状や音色が微妙に異なっています。
奏法はそれぞれ異なりますが、どの楽器も陶器ならではの、柔らかさ、暖かみのある音色が特長です。まさに「太古の響き」を連想させる癒し系の楽器です。
一流の音楽家も「太古の響き」の音色に共感!
「太古の響き」はこれまで宇都宮市大谷資料館、足利市立美術館、川越市立美術館、高崎市立美術館、中ノ沢美術館、渋川美術館、新潟市「にいがた~土と水の芸術祭」などで、楽器の展示や制作者自身による演奏で紹介されてきました。
そして、ジャンルを超えた一流の音楽家が「太古の響き」を演奏してくれました。その中から4名のアーティストのご好意で、演奏風景の画像、デモ演奏、映像の一部を本ウェブサイトでお楽しみいただけます。
「太古の響き」を知っていただくために、ご快諾いただいたアーティストは、小澤征爾さん率いるサイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団等に参加されているスウェーデン在住の打楽器奏者、竹原美歌さん。ジャズ界の大御所、渡辺貞夫さんのグループに参加されているセネガル出身、横浜市在住のパーカッショニスト、ンジャセ・ニャンさん。THE BOOM、加山雄三さんなど、数多くのアーティストのツアーやレコーディングに参加しているドラマー&パーカッショニスト、伊藤直樹さん。そして、浜田省吾さん、長渕剛さん、尾崎豊さん、松田聖子さんなど数多くのアーティストのサポートドラマーを勤めている、ドラマー&パーカッショニスト、瀧本季典さんです。
「太古の響き」はエクステリア、インテリアとしてもお薦め!
「陶器に水滴を落としたら、どんな音色になるのだろう」。地下に埋めた瓶の中に水滴を落として、その音色を楽しむ「水琴窟(すいきんくつ)」や、鉄製の楽器、「シデロイホス」に興味を抱いていた篠崎氏が「太古の響き」の制作を思い立ったのはこんな疑問からでした。それを形にしたのが「水留音 雫」です。静かなレストラン、料亭の庭や玄関などによく似合います。
また、「水留音」「龍音」「揺音」も、水滴を落とすことによって「音」で幽玄な世界を体感できます。リビングのインテリアやエクステリアとしてもご利用いただけます。
「美夜来音」以外の「太古の響き」は、誰でもすぐに音が出せる"打楽器"です。普段、楽器に触れることのない方でも、その音色を楽しんで癒されてください。
すいるおんの写真です
水留音(すいるおん) ▲写真をクリックで拡大
上面にスリットが入っており、色々な音色を楽しめます。「太古の響き」シリーズ最初の楽器。

演奏家のコメントです
 
■最新情報&インフォメーション
2016-03-30
NEW【イベント情報】「北欧 meets 日本」
電子楽器と陶製打楽器「太古の響き」が織りなすコンサート&ワークショップ
たかうじ君の足利さんぽ

〜スウェーデンの世界的アーティスト、リサ・ノードストロームとパーカショニスト、竹原美歌が紡ぎだす癒しのとき〜
足利市民会館・別館ホール 2016年4月27日(水) 18:30:START
一般/中学生以上2,500円(税込)、小学生1,000円(税込)、未就学児童 無料

主催:ムジカキアラ 共催:(公財)足利市みどりと文化・スポーツ財団
後援:スウェーデン大使館、足利市、足利市教育委員会、(一社)足利市観光協会ほか
協力:スウェーデン芸術評議会、龍音工房ほか

2012-10-14
NEW【イベント情報】10月20日(土) 19:30:OPEN 20:00:START
Ulrike Haage+Eric Schaefer DUO

ピアノ/エレクトロニクスと創作パーカッションのデュオ、Ulrike Haage+Eric Schaefer DUO。
ウルリケ・ハーゲさん、エリック・シェイファーさんはドイツ文化センター公式招聘ミュージシャンとして約3ヶ月日本に滞在中です。
今回は、ジャズのメッカ、新宿ピットインにて、太古の響き「水留音(すいるおん)」にインスピレーションを得て、フリー・インプロヴィゼーションを繰り広げます。
この機会に、一流アーティストによる「水留音(すいるおん)」「龍音(たつね)」のサウンドをお楽しみください。
*オープニングアクト:平松良太(P)巻上公一(Voice,thermin)
東京新宿 Pit Inn 前売¥3,000 当日¥3,500

2012-04-05
【イベント情報】5月27日(日)14:00~15:00
『太古の響きコンサート〜館林ジャンクション 中央関東の現代美術』(群馬県立館林美術館)開催。

4月28日(土)〜7月1日(日)に開催される「館林ジャンクション 中央関東の現代美術」。「中央関東」で活動している16人の現代美術作家による美術展に篠崎孝司さんが登場します。篠崎さんの「太古の響き」と篠笛の小林学さんのパフォーマンスです。演奏体験も出来ますので、この機会をお見逃しなく。コンサートは申込不要、観覧無料ですが、美術展の入場料(一般600円、大高生300円、中学生以下無料等)が必要です。

2011-09-15
【イベント情報】10月5日(水)〜10日(月)『太古の響き〜篠崎孝司と樺崎の絵師たち〜』(足利市助戸公民館)開催。
「太古の響き」と、篠崎さんとともに活動している樺崎の絵師たち[ルンビニー園(知的障がい者施設)の美術班の園生たち]の作品が展示されます。古民家と庭園とのコラボレーションをお楽しみください。
期間中、ワークショップや楽器演奏のパフォーマンスも予定されています。
*10月9日(日曜日)午後2時〜 参加型ワークショップ 「音響工作〜みんなで陶製創作楽器であそぼう〜」

2011-03-07
キング・ヒーリング・シリーズの音楽CD「おやすみなさい、心地良い眠りのための音楽」(キングレコード/ KICS-1643/¥1,800)のジャケット写真をフォトギャラリーにアップ。
癒し系の音楽CDとして人気のシリーズから「おやすみなさい、心地良い眠りのための音楽」がリリースされました。作曲家・演奏家の北条かずみさんの作品で、自然の音色をバックにあたたかいメロディーが奏でられています。全12曲の中で、「drops 1」「drops 2」というタイトルの2曲で「太古の響き 水留音(小)」が使用されており、CDのタイトルそのままに「心地良い眠り」を応援しています。

2011-03-07
竹原美歌さん&ルードヴィッグ・ニルソンさんの演奏会「躍動のパーカション・デュオ!」の写真をフォトギャラリーにアップ
2月10日にスウェーデン在住の打楽器奏者、竹原美歌さんとルードヴィッグ・ニルソンさんの演奏会が水戸芸術館で開催されました。「太古の響き」も登場した演奏会の写真をフォトギャラリーでご覧いただけます。

2010-12-03
竹原美歌さんのデモ演奏が、YouTubeにアップ。
スウェーデン在住の打楽器奏者、竹原美歌さんが水戸芸術館のステージで「水留音」「龍音」を試奏した音源がYouTubeでご覧いただけるようになりました。本サイトの左ナビゲーションの「竹原美歌さん」からもリンクしています。

2010-12-03
「水留音(小)」「揺音」が、YouTubeにアップ。
パーカッショニスト、伊藤直樹さんが、「水留音」のコンパクト版の「水留音(小)」と「揺音」をデモ演奏してくれました。その映像は、本サイトの左ナビゲーションからもリンクしています。

2010-10-29
栃木県立美術館・企画展「イノセンス―いのちに向き合うアート」での即興演奏が、YouTubeにアップ。9月5日(日)に行われた「太古の響き」の制作者、篠崎考司さんとチェロ奏者のMori-shigeさんによるパフォーマンスです。本サイトの左ナビゲーションの栃木県立美術館パフォーマンスからもリンクしています。

本サイトに新しいページフォトギャラリーが加わりました。龍音工房の様子、イベント、等の写真を掲載しています。お楽しみください。

2010-10-02
「とりわけ、今回の目玉の一つでもあった、篠崎考司(しのさき たかつかさ)氏考案の陶器打楽器・水留音を用いたプレイが白眉だった」
ベルリン発のJohnny La Marama(ジョニー ラ マラマ)、来日公演で「水留音」(すいるおん)を使用したオリジナル曲を演奏。音楽ブログ・kf‘s kulturdreieckでその模様「太古の響き」が紹介されています。


2010-08-06
ンジャセ・ニャンさん(横浜氏在住)&瀧本季典さんのデモ演奏が横浜情報インフォメーションのサイトで掲載中。
横浜情報インフォメーションは、横浜市に縁のある方々の活動をピックアップしご紹介しています。詳細はこちら。

2010-08-04
篠崎孝司さん、栃木県立美術館(宇都宮市)でパフォーマンス 開催中の企画展「イノセンス―いのちに向き合うアート」で、9月5日(日)午後2時〜4時、篠崎さんとチェロ奏者のMori-shigeさんによる即興演奏、および出品作家、長重之との対談が行われます。この機会に「太古の響き」を体感してください(先着100名)。

2010-08-04
ンジャセ・ニャンさん、瀧本季典さんによるデモ演奏 「龍音工房」を訪れたおふたりのパフォーマンスが、YouTubeにアップされています。本サイトの左ナビゲーション、演奏家の声ページからもリンクされています。お楽しみください。

2010-07-29
ジャズドラマー 鈴木麻緒さん、HPで「太古の響き」を紹介
パワフルかつ繊細なドラミングで都内ジャズクラブ中心に活躍中の女性ドラマー、鈴木麻緒さん。HPで「太古の響き」の感想を書いてくれました。7月14日に、ビクターエンタテインメントから『GHIBLI meets Jazz -Beautiful Songs- 』がリリースされました。
詳しくはこちら。

2010-07-29
ボサノヴァ・シンガー 犬塚彩子さん、HPで「太古の響き」を紹介
7月21日に、コロムビアミュージックエンタテインメントから『Saeko Bossa』をリリースされたばかりの、キュートなシンガー、犬塚彩子さん。Diaryで「太古の響き」を紹介してくれました。

2010-07-29
Johnny La Marama(ジョニー ラ マラマ)9月の来日公演で「水留音」(すいるおん)を使用したオリジナル曲を演奏
ベルリン発、フィンランド、アメリカ、ドイツ出身アーティストによる多国籍トリオ。現代アートにも通じるユニークなフリー・アヴァン・ジャズ・グループです。詳細はこちら。


2010-07-03
ンジャセ・ニャンさん、瀧本季典さん、「龍音工房」を訪問
7月1日(木)ンジャセさん、そして長淵剛さん、松田聖子さんなどのレコーディングやツアーに参加されている瀧本さんが「太古の響き」を演奏してくれました。その模様は、近々、本ウェブサイトにアップします。ご期待ください。

2010-06-11
太古の響ホームページ開始しました。

Copyright (C)2017 Taiko no Hibiki. All Rights Reserved.